So-net無料ブログ作成

あり方が現実とかけ離れていたとしか 言いようがない。

加賀山です。

 

エリートと呼ばれる人たちの犯罪が、

後を絶たない。

 

脱税

横領

詐欺

反社会勢力に参加など、

 

こういった犯罪を犯した人の大半が、

大学出のエリートと呼ばれる人達でした。

 

なぜこういったことが多くなるのか?

 

彼らに生き方、思想、

あり方がないからとは言いませんが、

彼らの生き方や思想、

あり方が現実とかけ離れていたとしか

言いようがない。

 

だから、環境に流されやすくなっていく。

 

じゃどうしたらよいのか?

 

「うそをつかない」

「正直でいよう」

「欲張らない」

「愚痴は言わない」

「人のせいにしない」

小学校、一年生の一学期で学んだことを

実践していますか?

 

おそらく、自分の欲望に正直でいようという考えだけだと思う。

 

自分たちの欲望のために、

無知な他人にうその情報を流し、

うまくいかなくなると他人に対して

ぎたなく愚痴を言い、

失敗したら責任を他人のせいにしたり。

もっと卑劣な手を思いつく。

これが、賢いやり方だと、

成功法則だと信じて疑わない。

 

このような考え、

発想をもった大学出のエリートが

簡単に出世してしまう

世の中になってしまっている。

 

失敗がなく成功する人が出世して、

失敗が多くうまくいかない人は

出世ができない。

このようなシステムが

知らず知らずに

構築していたのですから。

 

先輩のエリートたちが

構築したシステムは

シンプルなのだから、

簡単に新しいシステムを

構築していけばいいのですが、

そう簡単ではない。

 

彼らはそういったことを

一度も変えたことがなく、

変え方すら知らない人が

多いのでしょう。

 

頭の方はわりといいのですが、

使い方がほかの人と違うため

ほとんど

これらのシステムを変えるより、

これらのシステムを活用することを

考えるようになったのではないでしょう。

 

このシステムで彼らが

社会を活性したのは事実だけど、

システムは時代の寄り添って

変わるものです。

 

そこんところを気が付かないエリートたちは、

自覚しなければ変わらない。

 

10年、20年単位でシステムを

作り替えていかないと行かなかったのに、

 

それを自分たちの利権を

守ることばかり考えてしなかった。

その結果が、今の状況です。

 

自分たちのシステムすら変えられない。

そういった人たちは

淘汰(とうた)されるまで気が付かない。

そんなことがテレビで見ることが

多くなりました。

 

低所得者の私ですら、あきれてしまう。

朝から晩まで働いて、

手取りが13万~18万そこら。

時給なんて、

東京都の最低自給賃金と変わらない。

それどころか、

社会保障費を時給から引かれているから

それは300円くらい引かれているありさま。

 

長時間労働をしてようやく人並みの給料だ。

そんな、社会で生きていかなきゃならないのか?

 

 

このようなこと言われてなぜ変えないのか?

問いたいくらいです。

 

image2.gif

【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】

http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/

 

 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「何がなんでも金」って 考え方はいかがなものかと思うのですよ。

引き寄せの法則を知っていますか。

 

世の中の事象は全て、人間の意思で作り出せる」を

メインテーマにしています。

 

宗教的な観点で言えば、

世の中の事象は神様が決めるもの」を

真っ向から否定しているようなものでした。

 

書籍の中身をここで紹介するわけにはいかないので、

ご自身で買ってその目で確かめてください。

お金が欲しい!」とは誰でも思うことです。

 

でも、「こち亀」の両さんのように

何がなんでも金」って

考え方はいかがなものかと思うのですよ。

 

だってむなしく思いませんか?

 

だれも信用できず、

 

ただ信じているのが

お金と自分だけの生き方なんて

 

これ以上のないむなしさを感じてしまいます。

 

あり方が間違っている人が

 

多くいるように見えています。

あり方の意味とは?

 

「あり方」は

「行動」の基礎なる考え方で、

「あり方」があって、

 

そこから「行動」が生まれる。



その意味では行動の源なのです。

 

その行動の源が目先の特定のツールに

 

方向を向いている気がしてなりません。

 

ツールを目標にしている人は、

 

一体どれくらいいるのでしょうか?

 

それらを行動の源にしている人

その目標を果たした後、

 

どういう行動をすると思います?

 

それらを維持しようという

行動に走ってしまいます。

 

実際そのような人が多くいるんじゃないかな。

 

 

≪奇跡の書物≫書魂言霊の謎

 

これを実践したら怖いほど自分の願いや願望が叶ってしまいます。

 

さらにそれは一瞬ですべてを変えてしまうほどのチカラがある。

 

まさに≪奇跡の法則≫です^^

 

今回の成功法則は巷に出回っている

 

思考が現実化する

 

とか

 

言葉で運を引き寄せる

などの薄っぺらいモノとは違います。

 

ただし、400冊限りとさせていただきます。

 

言葉がすべてを形創っているということ。

 

つまり、言葉によって欲しいものは形成され、

間違って使えばとんでもない結果になるんです。

 

昔の人って本当に凄いです。

 

そんなこと、とうの昔に知っていたんです。

 

僕達は様々な情報や便利に成り過ぎた

今の時代でそんな大事なことが

見えなくなっていたんですね…

 

冗談抜きでこれだけは何が何でも

手に入れておいた方がイイです。

 

逆にこれを知らないと怖いです…



奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】

http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

日本刀自体に心を奪われたのではなく、 技術に心を奪われそうになったのを覚えてます。

加賀山です。



 



ブログで、日本刀を記事にしたことがあります。



 



確かに心を奪われました。



 





 



しかし、日本刀自体に心を奪われたのではなく、



 



技術に心を奪われそうになったのを覚えてます。



 



日本はいつから、世界に恥じない技術を



 



しなくなったのでしょうか。



 



燃費偽装を行った大手メーカー、



海外メーカーに支援を受けざる



負えなくなったメーカー、



 



今年に入ってこういう報道を



 



目にして本当にそう思ったことが



 



挙句、中国の粗悪(そあく)な技術や商品に



 



おくれを取るあり様を見て、



 



どう思うことだろう。



 



「安かろう悪かろう」



 



という言葉が今の人の言葉には



 



いい響きに聞こえるのでしょうか。



 



お金にモノを言わせて、



 



技術の革新(かくしん)をすることを忘れ、



 



エライさんにお金を渡すことで市場に参加しようと



 



言う考えで出て、不正が明るみになって



 



結局化けの皮をはがされていく。



 



そうまでして利益を得たところで、



 



結局、誇りと利益を損ねていく。



 



一か八かの突撃をして、大爆死をする。



 



そのような結末が多く見られています。



 



『孫子の兵法』を知らないものが行う行為が招く結末



 



というしか言いようがありません。



 



そう思いませんか?



 



「利益をもたらす者は味方で、利益を害するものは敵」



 



そのような利己的な考えを持って



 



経営しているというのでしょうか?



 



いつから、日本はこうなったのでしょうか?



 



やはり邪道を歩んできたものは長続きしない。



 



正道・王道を歩んでいるものは力がなければ、



 



邪道に弱体化に追い込まれて、押しつぶされていく。



 



こんな世の中の構造を変える力がもうないのでしょう。



 



たとえ力をつけても周りが利己主義者、個人主義者だらけ



 



だから、



 



人の見る目が養っていかないといけないのです



 



もう時代劇の江戸時代後期のようになってしまっています。



 



いかにしてこの時代を生きていかないと



 



いけないという危機感がないのでしょうか?



 



「1億総貧困社会」どころか、



 



「1億総ゆでガエル社会」に



 



なってしまうかもしれません。



 



そろそろ気付きませんか?



 



正しい欧米的な考えや日本的な考えに



 



考えをシフトしていきませんか。



 





 



この教材奇跡の書物-書魂言霊の謎



 



欧米人と日本人の脳構造の違いについてかいていますので



 



一度手に取っていただきたいと思います。




【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年06月29日のつぶやき 2016/06/30


あり方が現実とかけ離れていたとしか言いようがない

加賀山です。

 

エリートと呼ばれる人たちの犯罪が、

後を絶たない。

 

脱税

横領

詐欺

反社会勢力に参加など、

 

こういった犯罪を犯した人の大半が、

大学出のエリートと呼ばれる人達でした。

 

なぜこういったことが多くなるのか?

 

彼らに生き方、思想、

あり方がないからとは言いませんが、

彼らの生き方や思想、

あり方が現実とかけ離れていたとしか

言いようがない。

 

だから、環境に流されやすくなっていく。

 

じゃどうしたらよいのか?

 

「うそをつかない」

「正直でいよう」

「欲張らない」

「愚痴は言わない」

「人のせいにしない」

小学校、一年生の一学期で学んだことを

実践していますか?

 

おそらく、自分の欲望に正直でいようという考えだけだと思う。

 

自分たちの欲望のために、

無知な他人にうその情報を流し、

うまくいかなくなると他人に対して

ぎたなく愚痴を言い、

失敗したら責任を他人のせいにしたり。

もっと卑劣な手を思いつく。

これが、賢いやり方だと、

成功法則だと信じて疑わない。

 

このような考え、

発想をもった大学出のエリートが

簡単に出世してしまう

世の中になってしまっている。

 

失敗がなく成功する人が出世して、

失敗が多くうまくいかない人は

出世ができない。

このようなシステムが

知らず知らずに

構築していたのですから。

 

先輩のエリートたちが

構築したシステムは

シンプルなのだから、

簡単に新しいシステムを

構築していけばいいのですが、

そう簡単ではない。

 

彼らはそういったことを

一度も変えたことがなく、

変え方すら知らない人が

多いのでしょう。

 

頭の方はわりといいのですが、

使い方がほかの人と違うため

ほとんど

これらのシステムを変えるより、

これらのシステムを活用することを

考えるようになったのではないでしょう。

 

このシステムで彼らが

社会を活性したのは事実だけど、

システムは時代の寄り添って

変わるものです。

 

そこんところを気が付かないエリートたちは、

自覚しなければ変わらない。

 

10年、20年単位でシステムを

作り替えていかないと行かなかったのに、

 

それを自分たちの利権を

守ることばかり考えてしなかった。

その結果が、今の状況です。

 

自分たちのシステムすら変えられない。

そういった人たちは

淘汰(とうた)されるまで気が付かない。

そんなことがテレビで見ることが

多くなりました。

 

低所得者の私ですら、あきれてしまう。

朝から晩まで働いて、

手取りが13万~18万そこら。

時給なんて、

東京都の最低自給賃金と変わらない。

それどころか、

社会保障費を時給から引かれているから

それは300円くらい引かれているありさま。

 

長時間労働をしてようやく人並みの給料だ。

そんな、社会で生きていかなきゃならないのか?

 

 

このようなこと言われてなぜ変えないのか?

問いたいくらいです。

 

image2.gif

【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】

http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/

 

 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

いいことを引き寄せるどころか、 不謹慎狩りや窃盗など良くないことを引き寄せかねません

熊本地震から3か月になります。

 





 

地震直後には、自身もメルマガでこのことを

 

記事にしました。

 

熊本の地震は今でも余震が起きていて、

 

内心心配しております。

 

自衛隊ボランティアの多くの支援や、

 

救援物資が送られていて、

 

物質的には復興しているけど、

 

精神的にはまだまだのような気がします。

 

このような精神状態では、いいことを引き寄せるどころか、

 

不謹慎狩り窃盗など良くないことを引き寄せかねません


 





 

阪神淡路大震災東日本大震災でも、

 

火事場泥棒のようなことがありました。

 

こういうことを

 

平気で行える方の神経って理解できますか?

 

理解できませんよね。

 

私も被災した人たちの一人でもあります。

 

幸い被害は浅く済みましたが、

 

中央区、長田区、東灘区での被害はテレビで見ました。

 

特に長田区の被害は多かった印象があります。

 

復興は2年かかりました。

 

東日本大震災はいまだに復興までに時間がかかっています。

 

やはり原発の問題が尾を引いています。

 

どうしてかかるのでしょうか?

 

震災ガレキや汚染ゴミの問題もそうですが、

 

自分のところに汚染ゴミおいてほしくないという

 

考えがあると思います。

 

日本の技術は進歩しても

 

人の意識が進歩していない気がします。

 

だから、不謹慎狩りのような不心得者

 

出てきたんですよね。

 

ネットで支援を公表しようとした人を

 

平気で誹謗中傷できる社会。

 

作ったのは私たち自身なのかも知れませんね。

 

役立つことを一つも作らず、

 

ムダなものをすぐに作って世に出しまくっている

 

そのような国ではないでしょう。

 

なのに、最近のニュースは詐欺や窃盗を犯してでも

 

大金を得ようとして逮捕する事件が

 

ここ20年で増えてきました。

 

人はなぜ、てっとり早く成功して

 

大金を得ようという考えを

 

抱くようになったのでしょうか?

 

お金を稼ぐやり方を

 

間違ったやり方で覚えたのでしょう。

 

間違ったやり方をすれば間違った結果を引き寄せ、

 

正しいやり方をすれば必ず正しい結果を引き寄せます。


 



そろそろ、そこに気づきましょう。



 



そこに気づいて、



 



ボランティアをはじめるなりしましょう。



 



これは成功法則ではない…日本古来から伝わる秘伝である。



 







奇跡の書物-書魂言霊の謎



 



ただし、



 



完全手作りでやっておりますので、



 



400冊限りとさせていただきます。



 



詳しくはこのサイトで見れます。



 






【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】


http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/



 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

何事もバランスとそれを進めていく手順が大事だと。



 



 皆さんは、RPGゲームをプレイしたことはありますか?



おそらくこのブログを読んで下さる方の多くのひとが



このジャンルのゲームをプレイした経験がおありだと思っています。



ドラゴンクエスト



ファイナルファンタジー



スターオーシャン



女神転生」など。



数多くの名作、迷作を世に出された。



なかでも



「スターオーシャン」と「女神転生」は特殊性が強かったと思う。



前者はスキルシステムを採用してさまざまなスキルレベルを上げながら



特技のレベルを上げていくもの。



後者はレベルアップした際もらえる、



レベルポイントを使ってパラメーターポイントを上げて



パラメータを上昇します。



おそらく、多くの方が一つのパラメーターやスキルレベルだけを上昇していませんか?



多くの方が攻撃スキルや力のパラメーターを上げてしまいがちになります。



確かにダメージ量が上がれば敵モンスターをたおせますが、



HP(ヒットポイント)が0になったら即ゲームオーバー、

そして復活する場所か、

もしくはまえにセーブした場所で

 

プレイする事になってしまいます。

 

エリアから離れれば離れるほど、

 

敵モンスターが強くなっていきます。

 

レベルを上げてプレーヤー自体のパラメーターを上げていき、

 

できるだけ、装備している武器、防具より強い武器を

 

装備していかないと、

 

前へは進めません。

 

それが一番大事なのに、



次の目的地に行こうと



気持ちが先にいきがちになってしまい、

 

そして、やられてしまう。


 

いくら武器(ソフト)を強くしても、

 

パラメーター(ハード)が強くしなければ

 

強くなった意味がなく。

 

逆にパラメーター(ハード)が強くても

 

武器(ソフト)が強くなければ

 

負けはしないが辛勝ばかりになりがちになります。


 

これはゲームに限ったことではありません。

 

投資でも、仕事でもそうです。

 

バランスよく強くしていき、敵モンスターをたおしていきながら

 

目的地にいくことが大事なのです。

 

そうやって装備の適正やら、戦い方を確認しながらプレイをして

 

自分のスタイルを確認していくことが大事だったと

今更ながら思うことがあります。

 

だから言うのです。

 

何事もバランスとそれを進めていく手順が大事だと。

 

奇跡の書物-書魂言霊の謎】には、

 

こう言う話をしてしまうほど

数々のことを気づかせてくれると思います。

 

ぜひこれを機に手に入れられることを

心から思う次第でございます。



 



 



ただし、完全手作りでやっておりますので、



 



 



400冊限りとさせていただきます。



 



 



詳しくはこのサイトで見れます。



 






【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】


http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

なぜ、このような詐欺が 増えたのでしょうか?

別のブログで人の命はお金より軽い

という記事を投稿しました。


 





 

近年、お金に関係した事件

テレビや新聞をにぎわしています。

 

2000年代になってからこのような事件が

多くなりました。

 

中でもおれおれ詐欺といった特殊詐欺

増えたと思います。

 

インターネットの普及により、こういった

特殊詐欺が爆発的に増えました。

 

なぜ、このような詐欺が

増えたのでしょうか?

 

答えはカンタンです。

 

てっとり早く稼げるから

 

自分が儲ければそれでいいという考えが

あるからだと思います。

 

そういう考えを持った人の中に、

強者の理屈で物事を考えている人がいて、

そういった人は、

ひょっとしたら、想像力が欠落しているのではないのでしょうか?

 

こういった特殊詐欺を創造する力はあっても

逮捕されるかもしれないという予想想像力が希薄なのかもしれません。

 




 

結局は

「世のため自分のため」

そのような思考

で出来上がってしまったひとは、

何を言ったところで

聞く耳を持たないのでしょうね

こういう人は、刑務所の中に入っても、

反省したふりをして

仮出所を許したとしても、

いぜんと全く変わらない生き方を

していきます。

結局そのような行為で

成功してきたことの否定を

したくないという意地みたいものが

あるのでしょうね。

 

 

 

いい加減そんなてっとり早く

成功することをあきらめたほうがいいです。

世の中にてっとり早く成功する方法は

世の中に一つもない。


苦しみをこえて、

恐怖をこえて、

あきらめずに一つ一つ歩いて

成功させようとする行為をし続けてって

いくだけ。

ただそれだけです。





奇跡の書物-書魂言霊の謎】の神髄は

今日のこの話にある!



 



 



ただし、



 



完全手作りでやっておりますので、



 



400冊限りとさせていただきます。



 



詳しくはこのサイトで見れます。



 






【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】
http://tosi-kaga-web.sakura.ne.jp/no9/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年06月28日のつぶやき 2016/06/29


「言霊」という思想なのだそうだ。

加賀山です。



日本には、「言霊信仰(ことだま)」と呼ばれるものがありますが

知ってますか?



これは学校でも教わったことがない、



古くさいようなものに見えて、



案外現代まで影響を及ぼしている考え方なものだから、



バカに出来ないものときた。



日本人が培って(つちかって)きた、



一種独特の宗教観のようなものだそうだけど、



言霊というものは、



言葉自体に霊力が備わっているという



考え方を持っていたのに



なぜ学校では教わっていなかったのか?




それは、そこには言葉に対する



畏敬の念と言うものが生まれて、



言葉は単なる記号ではなくなっていき、



それ自体に霊力が備わっているという



考え方が生まれたって言う。




これが「言霊」という思想なのだそうだ。



言葉の霊力とは、どのようなものかというと。



その言葉の内容に即して、物事を実現する力のことで、



具体的にいうと、「あなたは幸せになるだろう」と言えば、



その言葉の作用によって、



その人は実際に幸せになるというものです。



このように、「よい言葉」を言うことを



「言祝ぐ(ことほぐ)」と言い、



その逆に、



「呪い」



と言うものが存在します。


 







最近、検索すると「呪い」がネットで多く検索できます。



クラシック音楽の作曲家の間で囁かれていたとされる第九の呪い(だいくののろい)




第9代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・H・ハリソンの肺炎による死去から始まる



アメリカ合衆国大統領への



一連の出来事の原因とされるテカムセの呪い(テカムセののろい、Tecumseh's curse



そして、1985年(昭和60年)10月16日に、



阪神タイガースの21年ぶりのセントラル・リーグ優勝に狂喜した心無い阪神ファンが、



カーネル・サンダースの像を道頓堀に投げ入れた因果で起きた



カーネル・サンダースの呪い(カーネルサンダースののろい、英: "Curse of the Colonel"



などなど、



なぜこんなに呪いが多くぞんざいするのか、



やはりうまくいかないことを、



みんな呪いを言い訳にしている所が多くあるのではないですか



原因はじぶんにあることに目をそむけていませんか!



やめませんか?やめると物事がいい方向に行きますよ。




言霊を正しく使い、皆さんも幸せな毎日を過ごしてみませんか!

 

完全手作りでこの教材をつくっておりますので、400冊限りとさせていただきますが、

僕が言うと商人の押し売りみたくなってしまいますが、それでも言っていこう。 

これだけは絶対に入手した方がイイです!!

絶対に…

 

【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び