So-net無料ブログ作成

『はじめに言葉ありき』まさにこの世はすべてが言葉で成り立っており、言葉がすべてを形成しています。

加賀山です。

はじめに言葉ありき

まさにこの世はすべてが言葉で成り立っており、

言葉がすべてを形成しています。

言葉を間違えると、すべてが間違った方向へ行くし、

言葉が正しければ、何事もすべて上手くいく。

しかし、残念なことに今の日本では

環境・経済状況・人間関係…様々な問題から

言葉が正しく使われていません。

よって、知らず知らずのうちに人生そのものが

間違った方向へ行ってしまっている人がほとんどです。

それほど言葉は重要ですべてとも言えます。
僕の知り合いは息子さんに…
言葉は??
と聞くと知り合いの息子さんは…
一番大事!!
と答えます。
僕の知り合いの息子さんへの教育はもう終わったと思っています^^
5才にして言霊のパワーを知っている知り合いの息子さんは

この先の人生何があっても絶対にシアワセに暮らしていけると断言できます。


だからあなたも、この【秘伝書】を入手したなら、




あなただけに留まらず大事な家族や友人、恋人に教えてあげてほしいのです

昨年、私の知り合いが沖縄のひめゆり平和祈念資料館に行ってきました。
資料館の最後、知り合い達家族は衝撃的な言葉と出会った。
↓ ↓ ↓


太陽のしたで・・・
大手を振って・・・
歩きたい・・・
水が飲みたい・・・水、水
お母さん、お母さん・・・
この言葉に出会い、そこから僕達家族は何かが確実に変わった。
言葉は人を良くも悪くも大きく動かす。
 
 
第二次世界大戦では多くの
少年少女が亡くなった。

防空壕から出る事の出来なった彼らは水が飲めず太陽の下を歩くことさえ
できなかった。

 
しかもこれは何百年も大昔の話ではない、ほんの数十年前の話なんです。
あなたはどうだろう?
毎日太陽の日を浴び、おいしい水も、何のためらいもなく飲める。
ご飯だって、ちゃんと一日三回食べることも出来る。
でも、これが当たり前となった時…

あなたの言霊は最悪になる。

当たり前どころか、不平不満となれば凶器にもなるんです
だから今日から寝る前にこの言葉を唱えてほしい。
裸でない
雨風しのげた
飢えてない
仕事もあった
家族もいた
水が飲めた
そして、太陽の下を堂々と歩くことが出来た。
本当にありがとうございます。
騙されたと思って3日も続けると人生は間違いなく好転します。
それほど言霊のパワーは凄まじい。
 
そして、これを信じない人には言霊は凶器になる。
その凶器によって自分が傷つくのならまだいい。
しかし、言霊凶器は大事な人や家族を平気で切り裂いていきます。
 
言霊は正しく使って欲しい
悪用厳禁といっていいほど、使い方を間違えるとすべてを壊してしまう。

あなたの願い、夢、目標、 悩み、解決したい問題などがあれば、ぜひこの秘伝書を読んでみてください。
 

 
間違いなく、これまでと全く違う角度から、
光が差し込むでしょう。

今までは投資やネットビジネスなどで解決しようとしていたから時間が掛った。
けど、これだと一瞬で解決できる。
いままであなたが悩んできたものが、一瞬で氷解するのです
僕も普段はあまり自分の気持ちを人に押し付けることはしませんが、もっと上の視点、
次元で考えてみたとき…
これだけは、うるさいと言われても、みんなに読んでもらう必要があると思ったのです。
万が一、何の役にも立たない、

購入代金以上の価値を感じないと思ったなら返品して頂いても結構!
それほど自信もあるし、これだけはあなたに留まらず一子相伝して欲しい書物です。
これを知ってるか、知らないかではいや大袈裟ではなく人生100倍1000倍楽しさが変わってきます^^

其の書物の銘は「書魂言霊の謎」
http://www.mag2.com/m/0001662357.html

【奇跡の書物-書魂言霊の謎~言葉を変えると人生が変わる~】

LINE ID
tosiyukikagayama

facebook
https://www.facebook.com/tosiyuki.kagayama
https://www.facebook.com/kisekinosyomotu/?ref=aymt_homepage_panel
twitter
https://twitter.com/kagayamatosi
instagram
https://www.instagram.com/tf473884/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0